業績一覧

論文(査読付き)

  1. Kimoto, Yukinori. 2018. Operationalizing Philippine-type Syntax for GRAID System: Clause Structure, Case Marking, and Verb Class in Arta. Asian and African Languages and Linguistics, 12 pp.17–35.
  2. Kimoto, Yukinori. 2017. Documenting Language Use: Remarks on some theoretical and technical issues for language documenters. Asian and African Languages and Linguistics 11: pp.79–94.
  3. Kimto, Yukinori. 2017. Mora, Vowel Length, and Diachrony: Case for Arta, A Philippine Negrito Language. In Liao Hsiu-chuan (ed.) JSEALS Special Publication No. 1. Issues in Austronesian Historical Linguistics: pp. 1–22.
  4. Kimoto, Yukinori 2014. A Preliminary Report on the Grammar of Arta. Proceedings of the 34th Conference of Kansai Linguistic Society: pp. 85-96.
  5. 木本幸憲. 2011.「英語名詞句の可算性について-類と事例の別からの考察-」『KLS31』pp.1-11

論文(査読なし)

  1. 木本幸憲 (to appear)「言語使用が映す言語知識の姿:非流暢性とアルタ語のwa」中山俊秀・大谷直輝(編)『認知言語学と談話機能言語学の接点』、東京:ひつじ書房
  2. 吉川正人, 木本幸憲, 岡本雅史, 佐治伸郎. 2017.「第38回研究大会ワークショップ 理論研究再考―理論・モデルは社会言語科学にどう貢献するか?―」『社会言語科学』 19(2), pp.87–92.
  3. 木本幸憲. 2016. 「アルタ語における表現ストラテジー:所有表現・前置詞・副詞の欠落が意味すること」西本希呼 (編) 『科学で旅する世界:梶茂樹教授退官記念集』56–59頁、株式会社春日 [紙面制約がないアップデート版]
  4. 横森大輔・遠藤智子・木本幸憲・梶丸岳・井出祥子. 2016.「第36回研究大会ワークショップ やりとりの中の記号・認知・文化―言語コミュニケーション研究の学際的対話に向けて―」『社会言語科学』18(2), pp.88–93.
  5. 木本幸憲. 2014. 「フィリピン・アルタ語の社会言語学的状況と言語危機」『社会言語科学会第 33 回大会発表論文集』、pp.198–201
  6. 木本幸憲. 2013.「照応現象と限定詞―間接照応をめぐる一考察」児玉一宏・小山哲春(編)『言語の創発と身体性—山梨正明教授退官記念論文集—』ひつじ書房、pp.401–414.
  7. 木本幸憲. 2013.「アルタ語の名詞・名詞句構造の諸相」『言語科学論集』京都大学大学院人間・環境学研 究科言語科学講座、第 19 号、pp.51–76
  8. 木本幸憲. 2012. 「認知言語学からみた格標識の多機能性ー英語・日本語・アイヌ語の属格形式をめぐってー」笹原健・野瀬昌彦(編)『日本語とX語の対照2—外国語の眼鏡をとおして見る日本語—対照言語学若手の会シンポジウム 2011発表論文集』東京:三恵社. pp.81-92.
  9. 木本幸憲. 2012.「Furnitureの非可算性に関する一考察」『日本認知言語学会論文集』 第12巻.pp.453–459.
  10. 木本幸憲. 2012.「英語における名詞の非飽和性について」. JELS 29, English Linguistics Society of Japan. pp.80-84
  11. 木本幸憲. 2011.「所有形式の多機能性に関する認知言語学的考察」『言語科学論集』、第17号 pp.21-47.
  12. 木本幸憲. 2011.「可算性のダイナミズム ―その身体的・認知的基盤と言語運用からの説明―」. 『日本認知言語学会論文集』 第11巻.PDF

訳書

  • N. J. エンフィールド(著)井出祥子(監修)横森大輔・梶丸岳・木本幸憲・遠藤智子(訳)2015.『やりとりの言語学:関係性思考がつなぐ記号・認知・文化』東京:大修館書店[原著:N. J. Enfield. 2013. Relationship Thinking: Agency, Enchrony, and Human Sociality. Oxford: Oxford University Press]

学術雑誌等における解説・総説

  1. 木本幸憲 (to appear) 「言語ドキュメンテーションにおける ELAN 使用」細馬宏通・菊池浩平(編)『ELAN 入門(仮)』東京:ひつじ書房.
  2. 畠山雄二(編)2017.『最新理論言語学用語事典』東京:朝倉書店、「プロトタイプ・カテゴリー」ほか4項目執筆
  3. 中野弘三・服部義弘・小野隆啓・西原哲雄(監修)2015.『最新英語学・言語学用語辞典』、開拓社、frame semantics ほか 10 項目執筆
  4. 佐藤武義・前田富祺(編集代表)2014.『日本語大事典(上・下巻)』東京:朝倉書店、「用法基盤モデル」ほか4項目執筆

データアーカイブ

  1. Kimoto, Yukinori. 2017. Documentation and Description of the Arta Language (ELAR Endangered Languages Archive, SOAS, University of London). https://elar.soas.ac.uk/
  2. Kimoto, Yukinori. In progress. Arta vocabulary. (available at http://yukinorikimoto.x0.com/materials/)

教育用テキスト

学会発表

  1. Kimoto, Yukinori. (accepted) What language endangerment tells us about Negrito societies: The story of the Arta language. Paper presented at CHAGS XII: Twelfth Conference on Hunting and Gathering Societies, Universitii Sans Malaysia, Penang 23–27 July, 2018.
  2. 木本幸憲. 2017. 「状態性と事態解釈:アルタ語(フィリピン)に見られる非動作動詞」日本言語学会第155回大会, 2017年11月立命館大学.(大会発表賞受賞)
  3. 木本幸憲 2016.「言語理論と個別言語の記述をどう繋ぐか:フィールド言語学における理論のあり方」吉川正人, 木本幸憲, 岡本雅史, 佐治伸郎 「理論研究再考-理論・モデルは社会言語科学にどう貢献するか?-」第38回社会言語科学会研究大会ワークショップ, 2016年9月3, 4日、京都外国語大学
  4. Kimoto, Yukinori. 2015. The Role of Mora in Phonology: A Case for Arta, a Northern Luzon Language. Paper presented at Thirteenth International Conference on Austronesian Linguistics. Academia Sinica, Taipei, Taiwan.
  5. 木本幸憲. 2014.「アルタ語における動詞接辞の分類と記述」日本言語学会第149回大会(愛媛大学)
  6. 木本幸憲. 2014.「フィリピン・アルタ語の社会言語学的状況と言語危機」社会言語科学会第33回研究大会, 神田外語大学, 2014年3月15, 16日.(大会発表賞受賞)
  7. Kimoto, Yukinori. 2013. A Preliminary Report on the Grammar of Arta. Paper presented at 38th Conference of Kansai Linguistic Society. Doshisya University, Japan, June, 2013.
  8. Kimoto, Yukinori. 2012. Possessor-Subject Continuum: A Cognitive-Typological Approach. 7th Interna- tional Conference on Construction Grammar (ICCG-7), Hankuk University of Foreign Studies, Seoul, Korea, August, 2012.
  9. Chuman, Hayato, and Yukinori Kimoto. 2012. An Analysis of English N+N Compound Nouns as Con- structions. 7th International Conference on Construction Grammar (ICCG-7) 11, August, Hankuk Univer- sity of Foreign Studies, Seoul, Korea, August, 2012.
  10. Yukinori Kimoto. 2011. How John and America relate to Water? Non-Countability of Bare-Singulars in English” Paper presented at The 11th International Cognitive Linguistics Conference in Xi’an, China. July 2011.
  11. 木本幸憲.2011. 「Furnitureの非可算性に関する一考察」.第12回日本認知言語学会(奈良教育大学),9月(査読付き)
  12. 木本幸憲.2011. 「名詞の非飽和性について」. 第29回日本英語学会 (新潟大学), 11月(査読付き)
  13. Kimoto, Yukinori. 2011. “On the Polysemy of Possessive Forms: A Contrastive Study of English, Japanese and Ainu.” The 2nd Symposium on Contrastive Linguistics, Tokyo, Reitaku University. December.(査読付き)
  14. 木本幸憲.2010. 「英語可算性のダイナミズム ―その身体的・認知的基盤と言語運用からの説明―」. 第11回日本認知言語学会(立教大学),9月.
  15. 木本幸憲.2010. 「英語名詞句の可算性について-類と事例の別からの考察-」. 第35回関西言語学会(京都外国語大学),6月.

招待講演・研究会発表

  1. 木本幸憲. 2017. 「アルタ語のwa: コミュニケーションを支える言語的資源」コミュニケーションの自然誌研究会, 11月20日, 京都大学.
  2. 木本幸憲. 2017. 「アルタ語の動詞接辞と事象構造:未完了事象のコード化をめぐって」大阪言語学研究会, 10月7日, 大阪大学.
  3. 木本幸憲. 2017. 「フィリピン型ヴォイスから事態類別体系へ:アルタ語の動詞形態論の歴史的発達と類型論的位置づけ」京都言語学コロキアム, 6月24日, 京都大学.
  4. Kimoto, Yukinori. 2017. Verbal Morphology and Event Classification in Arta: A Northern Philippine Language. Invited talk at the seminar of Linguistics and Applied Linguistics, School of languages and linguistics, University of Melbourne. May, 19th, 2017. 
  5. 木本幸憲. 2017. 「実践フィールド言語学入門」言語と人間研究会第42回春期セミナーワークショップ. (レクチャー)3月27日, 立教大学.
  6. 木本幸憲. 2016. 「言語ドキュメンテーションにおけるELANの役割とその実際」(招待講演).フィールド言語学ワークショップ(特別篇)2016年3月24日, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所.
  7. Kimoto, Yukinori. 2015. What’s in Name? The meaning of arta in the Arta language. Pre-conference workshop featuring the Japanese translation of Prof. Enfield’s Relationship Thinking. 18th Annual meeting of Pragmatic Society of Japan, Nagoya University, 24th, December.
  8. 木本幸憲. 2015. 「Nick Enfield (2014) 書評:Natural causes of language: Frame, biases, and cultural transmission」京都語用論コロキアム、京都工芸繊維大学. [slides]
  9. Yukinori Kimoto. Development of the phonological system in Arta. Paper persented at The third meeting, Constructing a research network for documenting minority languages in and around Indonesia. Tokyo University of Foreign Studies. 17th, March. 2015.
  10. 木本幸憲. 2015. 「アルタ語の格標識と談話について」京都言語学コロキアム, 2015年3月27日, 京都大学.
  11. Kimoto, Yukinori. 2014. Synchronic and Diachronic Phonology of the Arta Language, The 3rd MINPAKU Linguistics Circle of the Academic Year 2014, September.
  12. Kimoto, Yukinori. 2014. Some Grammatical Issues on a Philippine Negrito language, Arta. Lecture at Department of Linguistics, National Taiwan University, February.
  13. 木本幸憲.2011. 「名詞句と節構造の連続性:所有形式の多機能性に関する認知類型論的考察」メビウス研究会サマーセッション, 9月.
  14. 木本幸憲.2011. 「言語間の差異と共通性をどう捉えるか? -言語類型論と意味地図の応用について-」第5回言語学・自然言語処理合同勉強会 (京都大学),9月.